So-net無料ブログ作成
検索選択

200キロをサイクリングしてきました


ロードバイクに乗り始めて3年ちょい、今更ながら200キロに挑戦してきました。
もともと長距離ライドにあまり興味はなかったのですが、今年はブルペにも挑戦するつもりなの走ってみました。
 
せっかくなので、本番のブルベコースの浦安からきのこ山のルートを走るつもりでした。
 static.png
 
しかし前日寝付けず、睡眠不足気味だったため、急遽、CRを200キロ走るコースに変更。
寝不足で10時間、道路を走り続けるのも危ないですしね(^_^;)
 
ルートは、葛西臨海公園から渡良瀬遊水池まで、ほぼ江戸川CRと利根川CRだけで行ける楽ちんコース。
 
image.jpeg
 
 まずは第一CP(のつもり)の柴又公園を目指します。柴又公園は、ちょうど花見の屋台の準備をしており、”帰りに屋台でなにか食べよう(^^)/”とテンションがあがります!
その後、特に何事もなく第二CPの関宿城に到着、
 
 image.jpeg
 
そして、折り返し地点の渡良瀬遊水池!
 
 image.jpeg
なんの写真だかわからん(-_-) 
 
 
渡良瀬遊水池のそばにの道の駅きたかわべでお昼。
ナマズ天ぷらそばを食べました(^^)/
初ナマズでしたが美味しかったです♪
 
その後、何事もなく関宿城、柴又公園を過ぎ葛西臨海公園に帰ってきました(雑な説明だな〜)
 
image.jpeg 
 
 
最終的なストラバのデータはこんな感じです。 
 
ピクチャ 2.png 
 
 
とりあえず、今回の200キロでわかったことがあります。
 
 
まず実際走ってみて、200キロでも平地ならそこまで疲れないことがわかりました。ただ信号のないCRで200キロを10時間越えって、ちょっとブルベでは完走できるか不安なペースですが、それはおいおい改善していけば良いかなと思っています。
また補給食はしょっぱい物も選んだ方がいいこと。今回のライドの補給食はブラックサンダー×3、スニッカーズ×1だったんですが、当分チョコは見たくないです。帰りの柴又公園の屋台で、お好み焼きとかローピンとかを食べるつもりだったのに、屋台がまだ準備中で、泣く泣くスニッカーズを食べたのが、今回のライドで一番辛かったことです。実際のブルペの場合は否が応でもコンビニ寄ることになるのですけど、参加者が多くて商品が売り切れちゃう場合もあるみたいです。
 
ちなみに次回こそは実際のブルペコースを走ってみたいと思います。
考えているのは上記のBRM1014千葉200km(浦安)と、調布から河口湖を目指すBRM320あおば200km道志みちです。
浦安のコースは、最後のきのこ山がけっこうキツイです。またきのこ山とつくばのあたり以外は土地勘がないのが不安です。
河口湖のコースは、山伏峠で多少登りますが下りが非常に走りやすくペースを上げられますし、信号も少ないので楽じゃないかと予想しています。またどうし道も、山中湖から河口湖のルートも走ったことがあるのでちょっと安心です。雪が溶けたら挑戦したいですね。
 
 
とまあ、こんな感じの200キロでした。 
 
image.jpeg

ブルペに出たい(装備編)

以前の日記でブルペに出てみたいと書きましたが、今回はブルペ対策の装備編です。

基本的に200キロのブルペは特別なものは必要ありません。

反射ベストさえ着れば、車体の装備は通常のものでOKのはずです。(前照灯とテールライトは予備を推奨)

 

僕の現状の装備は

前照灯 VOLT400(ハイが3時間、ミドルが8時間、ローが18時間)

テールライト RAPID mini(点灯3時間、点滅30時間、ラピッド5時間)

サドルバッグ(トピークL)

となります。 

 現状の装備でも参加することはできますが、より安全性、快適さを求めた場合に 必要なものを考えてみます。

まずは前照灯、VOLT400はハイで3時間、ミドルで8時間連続点灯が可能です。暗くなりはじめる夕方5時くらいからブルペの制限時間である8時半くらいまで十分に持ちます。一応予備で電池式のgentosを用意するつもりです。

問題なのがテールライトです。RAPID miniはかなり明るいテールライトなのですが、点灯モードだと3時間しか持ちません。これだと制限時間ギリギリのゴールだとバッテリーが切れてしまいます。

そこで、充電式のキャットアイのテールランプを調べてみたのですが、どれも点灯モードだと持続時間が短いのです。長くても6時間くらいで、200キロブルペなら問題なさそうですが、今後300キロブルペに挑戦することになった場合などに不安が残ります。

 

そして、ここからは、僕個人の考えなんですが、ぶっちゃけ

点灯より点滅の方がめだって安全じゃないですか?

ただ、 道路交通法上が、点滅は不可なので今は点灯で走っていますすが、できれば点滅をメインで使いたいと思っています。

 

このため、考えた作戦が、

とりあえず、ブルペのときはボタン電池などの小さいライトを常時点灯、それにプラスして、キャットアイのラピッドなどを点滅の目立つモードで追加。

通常のライドでは、反射板を追加し、それにラピッドを点滅。

 

具体的には

キャットアイ SL-LD135-R (NIMA2)

 

41bxsiz5uEL._SX425_.jpg 

キャットアイ(CAT EYE) 自動点滅テールライト ブラック

 

ダウンロード.jpeg 

このあたりを購入して装備しようかと思っています。特に2つ目のライトは、反射板としての機能と自動点滅するライトがついています。トンネル前にいちいちスイッチを入れる手間が省けますし、万が一電池がなくなっても、反射板として使えるため安心です。 

 

次は、サドルバッグです。

僕は通常はサドルバックは使っていません。輪行バッグはマジックテープでシートポストにくくりつけてしまっています。さすがにこの留め方だとブルペの車検でクレームがでるかもしれないので、ブルペのときはトピークのサドルバックLを使うつもりです。 これ以外にほしいのが、お菓子バッグ。トップチューブやハンドルに取り付けられる小さなバッグで、この中にお菓子や補給食を入れておくと信号待ちなどで手軽に食べれて便利らしいです。

ちょっといいなと思っているのがこのへんです↓

 

912hfq9VgPL._SL1500_.jpg 

これがあればスマホを充電しながら走れたり、信号などで止まったときにパクッとなにかつまめます☆ 

とまあ、このへんをぼちぼち購入していきたいと思っています。 

 

 


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク